浄土真宗 本願寺派 慈光山 最誓寺

 

浄土真宗本願寺派慈光山最誓寺ロゴ

浄土真宗 本願寺派

〒299−2118
千葉県安房郡鋸南町
竜島1133番地

Tel:
0470-55-2076

Fax:
0470-55-2075

E-mail:
saiseiji@if-n.ne.jp

 

浄土真宗本願寺派 紋

浄土真宗 本願寺派〔最誓寺〕新着情報

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  2015(平成27)年法話会

 1月・・・・・いのち1(ぶたがいた教室1)

 4月・・・・いのち2(ぶたがいた教室2)

 5月・・・・・いのち3(いのちのバトンタッチ:青木新門)

 8月・・・・・いのち4(非戦・平和の誓い)

       ※本願寺「平和を願う法要 ご門主のお言葉」 

       ※「戦後70年にあたって非戦・平和を願う総長談話

         (石上智康総長)

 9月・・・・・いのち5(明日には紅顔あって 白骨の御文章)

10月・・・・報恩講

       いのち6(世の中安穏なれ・兵戈無用・怨みを捨ててこそ

 2015(平成27)年10月23日(金)

  西光寺仏教婦人会「料理教室」開催

  講師 鋸南町:懐石料理店「花あかり」 料理長

 

 会食しながら料理を説明し、質問を受ける!

 

 

 西光寺副住職手作りのピザ釜で、ぶりの幽庵焼きを!

 

 2015(平成27)年 最誓寺報恩講法要(10月18日)

 御法話 節談説教「世間のものさし ほとけのものさし」

 御講師 市原市 西光寺副住職 吉弘一秀 師

 

 

 

 

 

  2014(平成26)年法話会

   9月・・・・・平和

  7月・・・・・差別

  5月・・・・・ しあわせ

  4月・・・・・

  1月・・・・・葬式・法事・墓

 

 

 

新浄土真宗の教章

(じょうどしんしゅうのきょうしょう)

 

 

(私の歩む道)

 

新食事のことば

(しょくじのことば)

 

 

(食前・食後のことば)

 

浄土真宗の救いの喜び

(じょうどしんしゅうのすくいのよろこび)

 

『拝読 浄土真宗のみ教え』

 

  

 千葉組(浄土真宗本願寺派・西本願寺)のホームページの

  「1 0月法話」に、住職が投稿した内容を加筆したものです。

(2014/10/04)  

 ●妙好人・小林一茶(釋一茶)65年の生涯

 ●一茶の俳句

              「本堂にぎつしりつまる藪蚊哉」

                「なむあみだ仏の方より鳴蚊哉」

           「堂の蠅珠数する人の手をまねる」

             「やれ打つな蠅が手をすり足をすり」
               「蠅一つ打てはなむあみだ仏哉」

 

      「露の世は露の世ながらさりながら」

         「春立つや愚の上に又愚にかへる」他

 

最誓寺会館へ水彩画寄贈される!

寄贈者 鋸南町竜島在住 鈴木セツ 様

 鈴木セツさんは,縁あって最誓寺の門徒となられました。この度初めての個展を開催しました。個展を観賞した住職・坊守が,多くの作品のうち特に蓮を描いた作品に心うたれたことを耳にした鈴木セツさんが,この大作を寄贈くださいました。新築なった最誓寺会館の大広間に現在掲げられています。心から感謝申し上げます。(合掌)

※小さいころから絵を描くのが好きで,15年ほど前に,館山市の日本画の会「楽陽会」に入会し,藤原寿生先生の指導のもと,本格的に絵を始める。

地元の鋸南町では,鋸南町絵画同好会に入り,溝口七生氏の指導で,絵画の基礎となるデッサンや美術理論を勉強。描いた絵についてアドバイスを受けながら日々制作に励み,県展にも出品している。(中略)「自分が絵を続けてきた証を残したく,今回初めて個展を開きました。多くの人に見てもらうことで,これを機にこれまでの歩みを振り返り,新たな指針を見出せればと思っています」と鈴木さんは話している。※

(※ 房日新聞平成23年4月21日号から転載)

 

        

 

 

.                                    

※最誓寺合葬墓のご案内

 

          

 

  これまでのお墓は、家を単位として建立されてきましたが、時代や家族構

成等の変化に伴い、自分だけのお墓を建立しなくても、一緒に埋葬できる

お墓を求める声が聞かれるようになってきました。

 また、事情により先祖代々のお墓の後をみることができなくなる方なども

予想され、相談を受けることがあります。 

 お墓は、後をみることができなくなった場合は、お寺に返していただくこと

になっており、墓石等の後始末には経費がかかることから、生前に自己責

任において対処を考えておくことが必要となります。

 このようなことから、永代懇志を納め、合葬墓に埋葬することが望まれ、

どなたでも埋葬できる合葬墓を平成13年11月建立いたしました。

 詳細は、お問い合わせください。

 

※最誓寺ペットのお墓のご案内(←ここをクリック)

 家族同様に過ごしてきたペット。死

という別れは、悲しいものです。(愛

別離苦 あいべつりく)

 御遺骨は、ペットのお墓に鄭重に埋

葬いたします。

 埋葬は、必ず火葬にした御遺骨に

限ります。

※詳細は、お問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浄土真宗本願寺派〔慈光山最誓寺〕 Copyright(C) 2005. All Rights Reserved.